切れ味の世界を変えた鋸

トップページ > サポート情報  > 縦挽きと横挽き

縦挽きと横挽き

縦挽きと横挽き

横挽刃と縦挽刃

木材の切断には、木目に対し直角または交差して切断する横挽刃と、木目と平行に切断する縦挽刃があります。 いくら木工用の鋸でも縦挽と横挽を間違って使用すると、鋸の性能が発揮できないばかりか、鋸刃を傷めてしまいます。 また、斜めに切断する場合は木目に対し交差することから横挽刃を使用します。

木材と切断

切断

樹木は繊維で出来ています。糸状の物が束になっていると想像して下さい。 その束を切断する時、彫刻刀で削るように切り進んで行くのが縦挽。  二枚のカッターナイフで左右を切るように切り進んで行くのが横挽です。 鋸を挽く作業は同じでも切断する方向によって、切断の仕組みは異なります。  材木がどのように切断されてゆくのかを理解して上手に鋸を使いましょう。 また、鋸刃は挽くときに切れるように作られています、鋸を押し戻す時は力を入れずに戻しましょう。  鋸刃や刃を曲げてしまうのもこの時です。

横挽き刃

横挽刃とは?

左図のように、左右二枚の刃が連なって出来ており、その両端がカッターナイフのように鋭くとがっています。木材の繊維をある一定の巾で連続して切り落とす仕組みになっています。 また斜挽の場合でも同様で、繊維の切れるタイミングが幾分遅れるものの一定の巾で繊維を切断して行く為、横挽刃を使用して斜めも切断します。 横挽刃を縦挽に使用すると、両サイドのみ切断する事から、繊維を更に細かく切断するだけで、けして良好な切れ味は望めません。

縦挽き刃

縦挽刃とは?

左図のように、左右二枚の刃が連なって出来ているのは横挽刃と同じですが、刃の先端部分が平らになっており、彫刻刀(平刀)のような刃が連なって材木の表面を削り取って行きます。 また、縦挽の切断は表面を削り取って行く事から、大きな大鋸屑が発生し横挽に比べて、刃と刃の間隔が広く設定され大鋸屑をかきだす役目を果たします。 縦挽刃を横挽に使用すると、材木の繊維に引っかかり、スムーズな切断はできません。

縦挽目入り目立

縦挽目入りは?

枝の付け根など樹木にも繊維が複雑に混ざり合っている部分があります。そのような部分を切断する時に縦挽でも横挽でも切断できるように改良された鋸が混合刃です。 林業での枝打ちなどにも最適です。また、横挽刃に縦挽刃を配置することで横挽の切断時に大鋸屑を効率良くかきだす事で、切れ味が向上します。
縦挽目入り商品
Lシリーズ LH・LG/レザーソー折込 万能・荒目/恵み/
レザーソーSELECT 仮枠・生木・剪定・果樹/
FD-20A万能・20G生木・20T仮枠・20F果樹/
レザーソー180厚刃/SELECT200Garden/
PlantHunter210・240・270/

レザーソー工業株式会社 兵庫県小野市樫山町1323-29
TEL:0794-63-1100 FAX:0794-63-5166

copyright (c) RAZORSAW MANUFACTURING CO.,LTD. All right reserved.