切れ味の世界を変えた鋸

トップページ > サポート情報  > 鋸の上手な使い方

鋸の上手な使い方

姿勢

うまく切るための姿勢

右手で鋸を挽く人は左足を半歩前に、左手で挽く人は右足を前にして、もう片方の手で材木をしっかり押さえて切ります。 切っている時は、切り口を真上後方から見て、まっすぐ切れているかどうか確認しながら切りましょう。

横挽き

横挽きのコツ

刃と材料の角度は、0.3シリーズのような薄刃や、材料の厚みが薄い場合は5°前後、その他は10°前後がベスト。 柄はまん中より後ろを持ち、切り始めは元刃から全体を使って切ります。力は挽く時に入れ、押す時に力を抜く方法で、力を込めず鋸の重みで自然に切るような気持ちでリズミカルに挽きます。

縦挽き

縦挽きのコツ

ヨコ挽きとは異なり、板の木目に沿って切るタテ挽きは両手で挽くのがポイントです。切る板を足で固定し、両手で鋸を持って挽くと失敗がありません。片手で挽くのはとても難しいもの。 素人は鋸をだめにしたり、板が動いて失敗するケースが多いようです。

手入れ

使用後の手入れ

いつまでも鋭い切れ味を保つために、使った後は汚れや水分をキレイに拭き取っておきましょう。特に、ヤニがついていたり、濡れたままにしておくと、サビの原因にもなります。

メンテナンス用品へ

  • 2017. 4. 28更新
    • 動画を追加しました。
  • 2017. 4. 20更新
    • Facebookへのリンクを追加しました。
  • 2017. 4. 7更新
レザーソー工業株式会社 兵庫県小野市樫山町1323-29
TEL:0794-63-1100 FAX:0794-63-5166

copyright (c) RAZORSAW MANUFACTURING CO.,LTD. All right reserved.